« JO2007 コンペ レポ① | トップページ | お金が続かないかも »

JO2007 コンペ レポ②

キスクラにあるピカチュウ以外のぬいぐるみは何だろう?新作ゲームの予定があって、その宣伝か?!と思っていたら、休憩時間にその答えが出ました。ガンガン流していた今夏上映予定の新作映画の予告にそれっぽいのがいました。親子連れの多いJOならではのCMだと思います。去年はどうだったのでしょうか?パンフ買うのに並んでたのでわかりません。つか、その新作映画の主題歌がサラ・ブライトマンってマジですか?!モニター上の文字を見て我が目を疑いました。~以上で脱線終了。

製氷タイムの前に去年と同じくエキシがありました。今回滑ってくれたのはこの二組です。申趙組は体調不良のキム・ヨナ選手に代わって~とアナウンスがありました。

☆渡辺・木戸組
フィギュアをきちんと見始めたのは2005GPFからなので彼らが全日本で優勝した時のプログラムは当然見たことがありません。その優勝した時のプログラム「くるみ割り人形」を滑ってくれました。彼らにとっては思い出になっているだろうプログラムを生で見ることができてよかったです。

☆申趙組
NHK杯でも滑った「My way」。会場全体が大歓声で包まれました。美姫ちゃん・真央ちゃん目当ての初観戦の方もかなりいたと思います。そうなるとペアは殆んど見たことないでしょうし彼らを知らない方も多かったかもしれません。でも、そんなの関係なく二人の織りなす世界に会場がどんどん引き込まれていったのを感じました。昼間は彼らが文句なくMVPです。

20分間の製氷が終わっていよいよ女子。

☆キーラちゃん
すみません。あんまり印象残ってません。でも、相変わらず美人オーラびしばし漂わせてました。キスクラでのピカチュウとの2ショット(古っ)があまりにも可愛かったです。カメラマンさんありがとう!

☆ロシェ
優雅さと力強さが同居したプログラムです。生で見ると衣装もより華やかで彼女によく合っていました。サラちゃんとの時もそうでしたが冒頭の3-2-2に会場沸いてました。演技前だか出てきた時だか男性からの応援がありましたが、もしかしてバトル君ですか?キスクラでの男性二人のお出迎えがどうだったのか気になります。

☆真央ちゃん
全体的にお疲れなんだなという感じでした。後半の2回の転倒は起き上がるのに時間がかかっていて流れが完全に切れていました。スパイラルもぐらついていたかな?マスコミ対応やらカナダでのショーやらで相当ハードスケジュールなんでしょうね。演技後、気落ちした表情を見せていましたが、お祭りみたいな大会なのでそんなに気にしなくてもいいですよ、真央ちゃん。

☆サラちゃん
女子のFSで一番見たかったのが彼女のプログラムです。転倒が一度ありましたが、それ以外はほとんどOK。後半のジャンプで降りた後に手を広げる仕草が曲にとてもマッチしていました。表情も魅力的でしたし、振付そのものも曲をよく表現していたと思います。世界選手権の時よりずっとよかったですよ。私的に女子の中では彼女がベストでしたvv会場で見ていた時は集中していて気付かなかったのですが録画見たら合間合間に男性の応援する声がちょくちょく入ってました。…ヤグディンさんですよね、多分。

☆キミーちゃん
前日はトークショーにも出演してお疲れ様。始まってすぐにいきなり私の視界から消えました。こういうところでの転倒は珍しいです。それを引きずったのかコンビネーションも1回しか入りませんでしたし。でも、演技後はちょっと苦笑いしてましたがキスクラでも笑顔を絶やさずにいてくれました。ポニーテールキミーちゃんは新鮮でキュートでした。演技後、モニターに映し出されたチームカナダの面々が末っ子を見守る家族の目と化していて何とも微笑ましかったです。

☆美姫ちゃん
彼女もお疲れだろうに3Lz-3Loのコンビネーションを跳んでくれました。真央ちゃんもでしたが回転不足の判定受けてますね。会場では回りきっていたように見えたんですけど。本人も言っていた通りステップはいつもより元気なかったですが最後までよく頑張ってくれました。ありがとう。

得点待ちもやったら長くて毎回毎回ウルトラマンのタイマーがぴこぴこなるような時間がかかってましたよ(;一_一)各チームの皆さん、それぞれポケモン人形劇をやったりしてました。ちょっことですが。あの長さは各選手の集中力を試しているかのような長さです。で、それ以上に表彰式までが長いこと長いこと。始まる前まで寝てる人いましたよ。

☆表彰式
最終結果は1位日本、2位欧州、3位北米で2位と3位が去年と入れ替わりました。ので、表彰台の欧州メンバーの隣に役員さんがいる訳ですよ。そのせいなのかヤグディンさんは去年よりも大人しかったです。受け取った賞金ボードすぐ下したり色々やってましたが。去年より順位が上がったせいか欧州の皆さんは嬉しそうでした。去年欠場のブライアン君も喜んでました。メダル授与式で、日本チームに全員メダルがいきわたった後、ブライアン君が織田君に話しかけて金メダルに触ってました。どっちも私でも聞き取りやすい英語だったのかな?(笑)
表彰式で一番面白かったのは北米チーム。というよりトッドさん。表彰台に上る前、トッドさんがキミーちゃんとロシェをエスコートしてたんですが最後に上がろうとしたバトル君と目が合った後、エスコートしてました。場内爆笑。した方もされた方も面白い。日本と欧州チームが指示されて?賞金ボード片づけてたのですが、それを横目で見て支持されなくても3人からボード受け取って表彰台横に置いたりしてました。その動きがなんか可愛い。

以上でコンペレポ終了です。長文お付き合いありがとうございました。

« JO2007 コンペ レポ① | トップページ | お金が続かないかも »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206439/6274326

この記事へのトラックバック一覧です: JO2007 コンペ レポ②:

« JO2007 コンペ レポ① | トップページ | お金が続かないかも »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ